基礎体温でホルモンバランスが丸分かり!

女性は月経があるため、どうしてもホルモンバランスの影響を受けてしまします。女性ホルモンと基礎体温はどのような関係があるのか、見ていきましょう。

●成長ホルモンと女性ホルモンがあります

ホルモンは大きく2つに分けられ、成長ホルモンと女性ホルモンとがあります。成長ホルモンは脳下垂体から分泌されますが、女性に大きく関わる女性ホルモン、「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」は卵巣から分泌されています。

●エストロゲンでお肌絶好調!

「卵胞ホルモン」は「エストロゲン」とも呼ばれ、月経後に多く分泌されるホルモンです。月経が終わると肌や髪の調子がよくなる女性も多いと思いますが、それはこの卵胞ホルモンのおかげなんですね。実は卵胞ホルモンはコラーゲンを増加させ、肌にハリを与えるのです。新発売のスキンケアアイテムを使うのにはピッタリの時期。
このとき、基礎体温はいわゆる「平熱」です。

●ブスホルモンなんて呼び名も

しかしこの期間は約2週間。排卵日を過ぎると、基礎体温は「高温期」を迎えます。このとき、卵胞ホルモンよりも黄体ホルモン、「プロゲステロン」の分泌が増加します。
これが「PMS」の時期となります。PMSはイライラしたりお肌が荒れたり、むくみやすかったりしますよね。これはプロゲステロンのしわざ。皮脂が増えるのでニキビが増加しやすい肌環境になったり、体内の水分を保持しようと働くのでむくみが発生するのです。そのため、「ブスホルモン」なんて呼び名もあるぐらいです。

●PMSがツライひとは予測しよう

この体温が高い時期は体が火照ったようになってツライ、イライラが止まらないなど悩む女性は多いと思います。いまは生理日予測アプリなどで簡単にPMSの時期が予測できますが、オススメは基礎体温を一度しっかり付けてみることです。
口の中に入れるタイプの体温計は、基礎体温を朝に測ると、自動的にグラフ化してくれる便利なものもあります。まるでホルモンバランスが数値化されているようで、自分の体調が把握しやすくなりますよ。

ホルモンバランスが乱れたらやっぱりイソフラボン?

ホルモンバランスを整えるには、イソフラボンの摂取が有効です。
疲労、ストレス、睡眠不足、冷え、食生活の乱れ、過剰なダイエットなどが原因で、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことがあります。
そしてホルモンバランスの乱れは、PMS、生理痛、更年期障害など女性にとって精神的にも身体的にも、さまざまな不調へと直結してしまいがちです。
http://xn--u9jxfa9yb7932culxch3b.com/

■ホルモンバランスを整えるメリット

女性ホルモンのバランスを整えることには、次のようなメリットがあります。
●PMS(月経前症候群)の改善。
●ストレスに対する抵抗力が上がる。
●瑞々しく弾力のある肌になる。
●疲労が回復しやすくなる。
●薄毛や抜け毛の改善。
逆に言うと、現在、生理痛が重い、ストレスで体調を崩しやすい、大人ニキビなどの肌トラブルがある、疲れやすい、薄毛や抜け毛といった症状の出ている女性は、女性ホルモンのバランスを整えることで、その症状が緩和される可能性が高いということになります。

■大豆イソフラボンとは?

手軽に女性ホルモンのバランスを整える食材の代表が、大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンのひとつ、エストロゲンに似た働きを持っています。そのため、エストロゲンの働きをサポートして、女性特有のさまざまなトラブルに効果を発揮すると言われています。
大豆イソフラボンの一日の摂取目安量は、上限75mgです。大豆イソフラボンを多く含む食品は、納豆、豆腐、油揚げなどです。

■イソフラボンの過剰摂取に注意

イソフラボンの摂りすぎは、かえってホルモンバランスを乱す原因になります。普段の食生活の中で大豆製品から摂取するなら問題はありませんが、サプリメントなどで摂取する場合は、一日30mg程度に抑えましょう。
基本的には、生活習慣を見直し改善することで、女性ホルモンのバランスは整っていきます。特に重要なのは、規則正しい生活と、上質な睡眠です。しかし、積極的にイソフラボンを摂取すると、女性の美しさや若さを維持するために役立ってくれるのです。
美容にも健康にもよいイソフラボンを摂取して、ホルモン美人を目指しましょう。

ホルモンバランスが悪い時に青汁を飲んだら・・・?

女性ホルモンは、女性が健康な生活を送るために大きく関わりのあるホルモンです。ホルモンバランスの乱れは、女性にとって様々な体や心の不調の原因となってしまいます。このホルモンバランスを整えるのに効果的なのが、気軽に栄養を補助できる青汁です。今回は、ホルモンバランスと青汁について考えていきたいと思います。

■ホルモンバランスの乱れにより引き起こされる様々な症状

女性ホルモンとは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の二つのホルモンのことを言います。この二つのホルモンは、妊娠や生理のサイクルなどに合わせて分泌量が変化するものです。
女性ホルモンは脳から指令を受けて分泌されるものですが、このメカニズムが崩れて正常に分泌されなくなると、ホルモンバランスが乱れた状態となります。ホルモンバランスの乱れは、月経不順や無月経、生理痛や月経前症候群などを引き起こします。他にも、自律神経の乱れにより、様々な心や体の不調が起こってしまうのです。

■ホルモンバランスを整えるには規則正しい生活が大切

ホルモンバランスの乱れがなぜ起こるのかは、残念ながらまだはっきりとは解明されていません。しかし、生活習慣が改善されることでホルモンバランスの乱れが改善されることが多いのです。
ストレスや栄養不足、睡眠不足を解消することで、ホルモンバランスを整えていきましょう。そんな規則正しい生活を補助する役割をはたしてくれるのが、栄養豊富で心のバランスも整えてくれるという青汁です。

■青汁で心と体を整えて、ホルモンバランスを整えましょう

青汁にはストレス対抗ホルモンを作りだすビタミンCがたっぷりと含まれています。そして、青汁に含まれるメラトニンは、良質な睡眠を生み出してくれるのです。このため、ストレスが軽減され、良質な睡眠で心のバランスが整います。
また、青汁にはビタミンEやビタミンB6、亜鉛、カルシウムなどが豊富に含まれています。これは女性ホルモンの分泌を促したり、女性ホルモンの働きを補助してくれる成分です。ホルモンバランスを整えるためにも、毎日の健康習慣として青汁を取り入れてみてはいかがでしょうか。