ホルモンバランスが悪い時に青汁を飲んだら・・・?

女性ホルモンは、女性が健康な生活を送るために大きく関わりのあるホルモンです。ホルモンバランスの乱れは、女性にとって様々な体や心の不調の原因となってしまいます。このホルモンバランスを整えるのに効果的なのが、気軽に栄養を補助できる青汁です。今回は、ホルモンバランスと青汁について考えていきたいと思います。

■ホルモンバランスの乱れにより引き起こされる様々な症状

女性ホルモンとは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の二つのホルモンのことを言います。この二つのホルモンは、妊娠や生理のサイクルなどに合わせて分泌量が変化するものです。
女性ホルモンは脳から指令を受けて分泌されるものですが、このメカニズムが崩れて正常に分泌されなくなると、ホルモンバランスが乱れた状態となります。ホルモンバランスの乱れは、月経不順や無月経、生理痛や月経前症候群などを引き起こします。他にも、自律神経の乱れにより、様々な心や体の不調が起こってしまうのです。

■ホルモンバランスを整えるには規則正しい生活が大切

ホルモンバランスの乱れがなぜ起こるのかは、残念ながらまだはっきりとは解明されていません。しかし、生活習慣が改善されることでホルモンバランスの乱れが改善されることが多いのです。
ストレスや栄養不足、睡眠不足を解消することで、ホルモンバランスを整えていきましょう。そんな規則正しい生活を補助する役割をはたしてくれるのが、栄養豊富で心のバランスも整えてくれるという青汁です。

■青汁で心と体を整えて、ホルモンバランスを整えましょう

青汁にはストレス対抗ホルモンを作りだすビタミンCがたっぷりと含まれています。そして、青汁に含まれるメラトニンは、良質な睡眠を生み出してくれるのです。このため、ストレスが軽減され、良質な睡眠で心のバランスが整います。
また、青汁にはビタミンEやビタミンB6、亜鉛、カルシウムなどが豊富に含まれています。これは女性ホルモンの分泌を促したり、女性ホルモンの働きを補助してくれる成分です。ホルモンバランスを整えるためにも、毎日の健康習慣として青汁を取り入れてみてはいかがでしょうか。